2021-11

資産運用・節約

朝日新聞でファンドラップに疑問の記事「投資はプロにお任せ それで大丈夫?」

今朝の朝日新聞にファンドラップについての記事がありました。 ・ファンドラップ残高は12兆円超に。5年で2倍・扱いは証券会社からメガバンク、地方銀行に広がり、来年にはJAバンクでも始まり、ゆうちょも検討中。・投信の回転売買が難...
資産運用・節約

投資の焦りは「資産が増えていない感」から生まれ多くの脱落者を生む

インデックス投資の最大の敵は焦りだと思っています。 思ったより資産が増えないことによる焦り、毎月一定額を積み立てる場合でも、投資を開始した当初は順調に元本が増えるので感じにくいですが、ある程度積み上がってくると金額は同じでも増加率が...
資産運用・節約

「10年前に始めていれば」と後悔する人は何もしない人

「10年前から投資していれば今頃は」と言う人が多くいます。 今資産が少ないのはあの時始めなかったからだという後悔を含んでいますが、結局、こういった発想の人は何もしないことが多い。 「なんでやっていなかったんだろう、やっていれば...
スポンサーリンク
資産運用・節約

【FIRE Tips】無駄買いを減らすためにやること

街を歩いていて、買うか、買わないか悩むことはないですか。 以前は甘い見積もりで何度となく衝動買いして後悔してました。 ミニマリスト的な生活を営むようになってから、「買わない」という選択肢が大前提があって、その上でどうやっても持...
資産運用・節約

投資信託は運用のアウトソース 適正なコストと意味不明コスト

投資信託はコストがかかります。 それはそのはずで、保有銘柄を管理して、売買してもらっており、その意味で家事をアウトソースしているのと同じようなものです。 アウトソースするサービスを受け始める時に、当初取る手数料が、購入時に支払...
資産運用・節約

ウォーレンバフェットのパンチカードと永久保有銘柄

ウォーレンバフェットの有名な言葉に、「投資家は20だけの穴の空いたパンチカードを持っていると考えるべき」というものがあります。 生涯で投資の機会は20回だけと考えて、1回1回の投資を無駄にせず、大事に行うべきというものです。 ...
資産運用・節約

年始じゃ遅い。資産形成1年の計は年末前にあり!

11月に入り年末が意識されて来ます。 「1年の計は元旦にあり」なんて言いますが、 資産形成において動くのは年末がベストタイミングだと思っています。 理由1 賞与など確定して年間収入が確定する 年収が確定して、それを...
資産運用・節約

投資信託は「高い」が良いものではない理由 ブランドとの違いを考える

ブランド物は割高かもしれないけれど品質が高い、この点を否定する人は少ないと思います。 性能が優れている、高機能だったり、いい素材を使っている、希少性がある、ブランドはこう言った品質を提供することで高い価格を正当化しています。 ...
資産運用・節約

【FIREのため】収入が増えたときにする3つべきこと

収入の増加は嬉しいことですが、収入の増加分はどうしているでしょうか? ご褒美の名目で支出を増加させていないでしょうか? 今日はFIREのため収入増でとるべきアクションをまとめてみました。 計画的な支出 収入が増えた...
資産運用・節約

【教育ハック】重要なのは資産運用「最初の一歩」のハードルを超すこと

資産運用に興味があっても、証券口座開設は手間だし、iDecoは書類が多そう、そうやって後回しにしてしまっている人も多いと思います。なかなか超えられない「最初の一歩」。 今日は、子どもの金融教育の観点からどうやって「最初の一歩」を超え...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました