FIREしたいならライフイベント毎の支出は把握してる?

資産運用・節約

FIREに関する記事が引き続き多いですが、
支出の25倍貯められればFIREできるという
単純化された議論が多いのが気になります。

支出の25倍貯められて、年率4%で運用できれば
確かにFIRE可能なのですが、
その支出見積もりは現在の支出だけを前提にしていないでしょうか?

FPにライフプランニングをお願いすると
まずライフイベント表を作成することになると思います。

時系列にイベントごとに必要な費用をまとめたものです。

FP協会のこちらのページにサンプルがあります。

スポンサーリンク

イベントの例としてはこのようなものがあると思います。

  • 子どもの学費(小中高大の入学費や受験費用)
  • 自動車の買い替え(何年おきにいくらくらいの車に買い換えるか)
  • 住宅購入・住み替え(いついくらくらいの家を購入するか。賃貸なら広い家に住み替えるか)
  • 独立したいなら独立・開業費用など(独立の希望時期と開業費用)
  • 親の介護費用(いつかは予想が難しいがいくらぐらい置いておきたいか)

ずっとおひとり様で行こうと決めている場合は
支出は比較的フラットなのですが、
家族ができると支出の波が大きくなります。

通常の支出に加えてこれらのイベントの支出を均して
いくら必要かしっかり見込まないと
予想外の資金不足に陥る可能性があります。

スポンサーリンク

収入の見込みは総資産に3−4%を掛けたざっくりしたもので良いのですが、
支出は通常支出とライフイベントの支出を合わせて
長期的にFIRE継続のための資産が減り過ぎないか確認した上で、
余裕が持てる額をFIREの目的額にしたいところです。

では。




いつも応援いただき、ありがとうございます

2つのブログランキングに参加中。下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

資産運用・節約
スポンサーリンク
フォローする
「カネとと」〜FIREを目指すミニマリスト〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました