年始じゃ遅い。資産形成1年の計は年末前にあり!

資産運用・節約

11月に入り年末が意識されて来ます。

「1年の計は元旦にあり」なんて言いますが、

資産形成において動くのは年末がベストタイミングだと思っています。

スポンサーリンク

理由1 賞与など確定して年間収入が確定する

年収が確定して、それを元にどのくらい資産形成できてきたかも見えてきます。

積み立てが十分だったか、少なかったかなど見直して、
翌年の積み立て額を決めるには、この年末のタイミングが最適です。

収入の3割目標で貯めるつもりだったけれども不足していたから
冬のボーナスから多く積み立てると共に、
翌年の積み立てプランを引き上げる、そんなオペレーションを年末前にやってしまいましょう。

理由2 年始はオンライン証券や銀行が止まるところがある

年末年始の休みに資産形成のための準備をしっかりしようと思っても、
正月は年始の挨拶やバタバタしてしまい作業はさぼりがちですし
いざ作業を初めて見てもオンライン証券や銀行が年末年始は受付を止めていることろもあります。

投資積み立てなどの開始は年末前に行っておきたいところです。

理由3 資産運用はまず行動することが重要 年の最初の給料日までに手続きしよう

年末前に翌年の月収を見越して積立金額をセットすることで、
その年の最初の給料からしっかり積み立てることができます。

収入の3割貯める目標なら、証券会社の積み立て金額を強制的に
収入の3割で積み立て額をセットしておけば、
1月の給与直後から積み立てが開始できます。

先だ先だと思うと意外と先延ばしにして、気づくと設定が漏れて
スタートダッシュがきれないということがあります。

資産運用はまず投資するという行動が不可欠です。

そのスタートは早ければ早いほどよい。

年末前に、確実に行動のトリガーを設定して、年初からしっかり積み立て行っていきましょう。

スポンサーリンク

以上、年末前から翌年の投資行動を設定する理由でした。

収入と支出、年間投資額を確認して、
来年はいくら投資できそうか見積もったら、
即積み立て設定。

思い立ったら即行動して、1日も早く資産を積み上げていきましょう。

では。




いつも応援いただき、ありがとうございます

2つのブログランキングに参加中。下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

資産運用・節約
スポンサーリンク
フォローする
「カネとと」〜FIREを目指すミニマリスト〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました